アトピー持ちの方でもディフェンセラは使用できるのか?

アトピーなどアレルギーをお持ちの方であれば、こういったものを使ってみようかなと思っても「大丈夫かな?」と心配になってしまいますよね。アトピーは皮膚の炎症やかゆみのある湿疹を主な症状とするものですが、良くなったり、悪くなったりを繰り返す上に、かゆみでストレスが溜まったり、他の肌トラブルと同様、見た目を損なってしまうので、自分に自信を無くしてしまうことにも繋がりかねない大変辛いものです。アトピーはご家族、ご親族の中でそういったアレルギー体質の方がいれば、その遺伝で本人もアトピーを発症する可能性があるそうです。

 

こういったアレルギー体質そのものを改善することは非常に難しいと思いますが、何か対策はできないのでしょうか?またこの場合、オルビス【ディフェンセラ】は効果的なのでしょうか??

 

まず、アトピーの症状について知ろう

 

アトピーとは正確には《アトピー性皮膚炎》のことを指します。アトピー性皮膚炎は、

  • 肌が乾燥して、カサカサになる
  • 赤く炎症して、かゆみがあり、引っかいてしまうとひどい場合はジュクジュクとした液体が出てくる
  • 皮がむけてしまったり、長引くと肌がゴワゴワと固くなる
  • 顔だけでなく体全体の肌に起こりえる(首、わき、手足、関節の内側など)

といった症状が出て、辛いものですが、どういったメカニズムで発生してしまうのでしょうか?
それは【アレルギー体質により肌の免疫機能の過剰反応肌のバリア機能の低下】の2つを引き起こしていることから始まります。

 

肌の免疫機能の過剰反応
本来、皮膚は外敵(細菌やウイルス)に対抗する免疫機能が備わっていますが、アトピー性皮膚炎の方は、この外敵に対して過剰反応し、本来退治しなくてもよいものに対しても過剰反応し、その結果炎症を起こしてしまう体質なのです。つまり、《アレルギー体質による肌免疫機能の異常》とも言えます。これは完全に避けられるものではないですが、細菌やウイルス(ハウスダストなど)が少ない環境に身をおくしかありません。また、この病院ではこの反応を抑える薬などが処方されているのではと思います。また、これに加えて、

  • 化粧や合わない美容品を肌につける
  • 肌を引っかく行為
  • 紫外線・汗・汚れ

など、外からの刺激を加えるとこの炎症が悪化してしまうことがあります。

 

肌のバリア機能の低下
皮膚は、表面の皮脂膜という部分やその下の角質細胞、角質細胞間脂質といった部分などがバリア機能を担っており、外からの物質の侵入や水分が逃げてしまうことによる皮膚の乾燥を防いでいます。(下の図を参照)
アトピー性皮膚炎ではこのバリア機能がより弱まっているのです。

 

 

このバリア機能はアトピーでない方でも、低い方もいれば正常な方もいます。これは生まれ持った体質です。
どちらにしても、物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによって、更に機能が低下する恐れがありますので注意が必要です。

 

アトピー持ちの方でもディフェンセラは使用できるのか?

私はお医者さんじゃないので、断言はできませんが、
問題なく使用でき、むしろ肌のバリア機能の回復には効果が期待できる!
と思います。
ここまでの話の中で、アトピー性皮膚炎の原因として《皮膚のバリア機能低下》があることがお分かり頂けたかと思います。
つまり、肌の細胞と細胞の間にある脂質、セラミドといった重要成分が不足し、肌が乾燥している状態と言えます。

 

であれば、試してみる価値はありますよね(#^.^#)
アレルギー体質そのものの改善にはならないと思いますが、実際にそこから起きている肌のトラブル(バリア機能低下)には助けになるかもしれません。
オルビス【ディフェンセラ】は医薬品ではなく、あくまで食品です。なので、安心して飲用することが出来ますから、悩んでいるのであれば、悩み倒しで終わってしまうよりも一度試してみると良いと思います。

 

 

⇒オルビス【ディフェンセラ】ってどんなもの?その効果とは??