ディフェンセラでニキビが悪化したって本当??

オルビス【ディフェンセラ】を飲んでみた方の口コミ情報を見ていくと、ごく少数ではありますが、《ニキビが悪化した》といった口コミがありました。これについて、正確な原因は分かりません、ディフェンセラを飲んだことによるものなのかも定かではありません。ディフェンセラは医薬品ではなく、あくまで食品です。食品と考えた上で原材料、もしくはセラミドが体に合わなかったということなのかもしれません。(正直、分かりません。)

ですが、「これからディフェンセラを試してみたいけど、ニキビが悪化するリスクがあるなら・・・」と不安になられる方もいらっしゃるでしょうから、そんな方に少しでも参考になればと、私が持っている情報をお伝えします。

 

ニキビが悪化した方の口コミ情報

 

美容系大手の@COSUME上に書き込みされていた口コミです。
この方は他のセラミド系化粧品も肌に合わないようですから、根本的にセラミドを補充する必要がない肌質なのか、またはセラミドを取り入れることによって他の要因が発生しているのか・・・。いずれにしても気になりますね。

 

まずはディフェンセラの原材料をcheckしてみる

 

 

ディフェンセラの両側面パッケージ画像です。この内、原材料の記載は6種類。

  • 還元麦芽糖水飴(国内生産) → でんぷんを分解する際に出来る麦芽糖の水飴。

                    これ単体でもアマゾンなどで売られている。

  • ユズ粉末果汁 → 製法は不明ですがゆずを粉末状にしたものかと。
  • 米胚芽抽出物 → 「高純度セラミド」のことを指していると思われる。
  • シクロデキストリン → オリゴ糖の一種。
  • 酸味料・香料 → 食用で利用される一般的なもの。

この中で、摂取することでニキビを悪化させる可能性があるとされているものは、私が調べた限りでは無かったです(*_*;

 

ニキビを改善する上での食生活で《減らした方が良い食事》の中《甘味料(糖)》があります。「チョコレートとか、ケーキを食べすぎるとニキビが悪化する」って良く耳にしますよね?ディフェンセラに含まれる「麦芽糖」や「オリゴ糖」を微量ですので、過剰摂取ということは考えにくいですね。もしくは、「麦芽糖」「オリゴ糖」のどちらかがたまたま体に合わなかっただけなのか?
いずれにしても可能性は低く、推測でしかないですね(;^ω^)

 

もう一つは肌の水分保持に必須成分と言われる《セラミド》。ディフェンセラは《米胚芽から抽出した高純度のセラミド》が主な成分です。
これがその方の肌に合わなかった可能性も・・・。

 

せめて「ニキビとセラミドの関係性」だけでも知っておこう

 

 

ニキビが出来るメカニズム

ニキビ発生の根本は毛穴の詰まりから始まります。この毛穴詰まりを引き起こすものが皮脂や汚れ、不純物。そして、毛穴が詰まると体の中で最も多く存在している菌と言われる《アクネ菌》が、空気にさらされないことで繁殖し、ニキビが出来てしまう。これが、ニキビ発生の大きなメカニズムです。

 

どうして毛穴が詰まるのか?

毛穴が詰まる主原因とされているのが《毛穴から自然と出る皮脂と古い角質が混ざって出来て固まってしまった角栓(かくせん)》です。このことから、毛穴が詰まりやすい方はニキビが出来やすいと言えますが、じゃあ皮脂の分泌を抑えたり、古い角質を残さないようにしっかり洗浄すれば良いんでしょといった単純な話ではありません。ここでは分かりやすくする為にもともと脂気質の肌である《脂性肌の方》と《乾燥肌の方》に分けて考えてみます。また、共通して気を付けるべき点をお伝えします。

 

・脂性肌の方
もともとオイリー肌(脂性肌)の方は、比較的皮脂の分泌が多めなので、毛穴が詰まりやすく注意が必要です。生まれ持っているホルモンのバランスやそこまでの食生活が関係していると言われていますが、適度な洗浄でメイク汚れや余分な皮脂を落として、清潔に保つことが大事です。

 

・乾燥肌の方
皮脂の分泌が比較的少なく、カラッとした肌の方は角栓が出来ないのか?と言われればそういう訳ではありません。乾燥肌の方は肌の水分量が少なくなっていて、毛穴や細胞間がボロボロになっている状態と言えます。この時、紫外線などからこの部分を守ろうと皮脂が過剰分泌されることがあるのです。更に外敵から守ってくれる水分が少ない影響で肌を作り変える機能であるターンオーバーという機能も低下している可能性大。こうなると古い角質が毛穴に残りやすくなる上に、皮膚がボロボロで固くなり結果、毛穴が詰まりやすくなります。どちらにせよ適度な洗浄は必要ですが、スキンケア等で肌の水分量を上げてバリア機能を強化し、潤いを保つことが大切です。

 

・共通して気を付けるべき点
毛穴を詰まらせない為には《適度な洗浄で古い角質や汚れを落とす》ことと、《皮脂の過剰分泌を抑えて適度に保つこと》。そして最も大事なのが《肌の保湿(バリア機能の強化により肌のターンオーバーを正常に保つこと)》と言えます。
洗浄(クレンジング)ですが、1日に何回も洗顔したり、ゴシゴシと力を入れて洗顔するのはダメです。回数が多いと、それだけ肌の皮脂を奪っていき、肌が乾燥し過ぎてしまいます。皮脂は取り過ぎも良くないんですね。また、力を入れて洗浄すると毛穴を傷付けてしまい、肌がボロボロになってしまいますし、毛穴が広がってしまうことに繋がります。洗顔は「良く泡立てた洗顔料でやさしく洗い、それも夜の1日1回に留め、朝はぬるま湯で洗う程度」が良いでしょう。
皮脂の分泌についてですが、食事に気を付けましょう。甘味料は血糖値を上げ、この糖をエネルギーに変換してくれるインスリン分泌が増えます。このインスリンがくせ者で男性ホルモンを増やしてしまう働きがあるようです。なので、皮脂の分泌が増えるようですね。他には脂っこい食事もインスリン分泌が増えるそうなので抑えた方が良いです。あとは睡眠、ストレスが代表的な原因ですね。

 

そして、肌の保湿ですが、これが難しいんですよね。いくら美容液でケアしても、人によって合う・合わないがありますし、いくら良質な成分を含んでいる高額なものを使ったとしても、「付けては消え、付けては消え」の繰り返し。。。外側からいくら保湿しても、肌の機能そもそもが改善されている訳ではないので根本的な保湿にはなっていないというケースも少なくありません。

 

肌の保湿に必須の成分であるセラミド


セラミドは肌の外側の表皮と言われる面にある角質と角質の間に存在する成分です。角質と角質の隙間を埋めて、更に水分が逃げてしまうの防いだり、外部からの刺激から守ってくれたりしている訳ですね。肌が乾燥し、ボロボロになるメカニズムはこんな感じになっているんですね( ;∀;)

 

 

結局、セラミドを摂取することとニキビは関係ある??

 

オルビス【ディフェンセラ】は今までのセラミド商品と比較しても、研究に研究を重ね、体内で吸収されやすいよう純度を最大限上げて抽出された高純度セラミドです。ここまでの調査では正直、「セラミドを取り入れることで、人によって効果が薄いことはあっても悪化する可能性は低い」と思います。
肌にもともとある成分であるセラミドは、不足すると良くないことばかりです。特に乾燥肌でニキビに悩まされている方に取って、ディフェンセラは効果があるかもしれません
結局、ニキビは毛穴の詰まりから来るので、

  1. 適度なクレンジングで清潔に保つ
  2. 皮脂が過剰分泌してしまうような生活を避ける
  3. 保湿をして肌のバリア機能を保つ

が大事と言えますので、セラミドがニキビに悪いとはならないはずです。

 

私も中学3年生の頃から高校3年生までの約4年間。大量のニキビに悩まされた時期がありました。ここでの思い出話は控えさせて頂きますが、ニキビがあることの辛さや慎重さ、不安などは重々理解しています。なので、こういった商品を試す場合でも、「大丈夫なのかな?」と不安になり、徹底的に調べます。

 

その上で調べた情報を今回の記事にまとめさせて頂きましたが、不安に思われている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

⇒オルビス【ディフェンセラ】ってどんなもの?その効果とは??