オルビス【ディフェンセラ】のCMで使用された曲の正体とは!?

オルビス【ディフェンセラ】が発売された際に放映されたCMは《三浦 春馬さん》、《黒田 エイミさん》のその透き通った全身の裸体をこれでもかと映し出し、そのアート効果を最大限高めるかのごとく幻想的な曲が使用されていました。 ・潤いを逃がさない男編(三浦 春馬さん) 潤いを逃がさない女編(黒田 エイミさん) 『肌の潤い』に特化し、トクホを取得した商品として、大々的にPRされたディフェンセラですが、こんなCMを見せられたら「なんてキレイな肌なんだろう(*'ω'*)うらやましい・・・」と心を奪われてしまいそうです。 このCMに使用されている曲ですが、一般的に公表されておらず、結構調べましたが、中々情報が見つかりませんでした。 しかし、Twitterから1つの鉱脈を見つけました!
CMのBGMを手掛けたのはこの方!

 

CMの楽曲を担当されたのはアーティストのkyokaさんという方です。 ご存知でしょうか??私はぜんぜん知らなかったです( ゚Д゚) Twitterから情報を模索していると、「ディフェンセラのCMに使っている楽曲が気になるー!」という方のツイートがいくつかありました。 そして、なんと!そのツイートにオルビス公式アカウントが返信しているツイートを発見。 「オルビスディフェンセラのCM楽曲を担当されたのはkyokaさんというアーティストで、作曲から演奏までご担当頂きました」 とのこと(*´з`) 演奏自体もこのkyokaさんが担当されているとは驚きですね♪
kyokaさんとは一体何者なのか

 

kyokaさんは実験・電子音楽レーベルの最高峰を言われる《raster-noton》というレーベルの初の女性ソロアーティストみたいです♪ 要は電子音楽という分野があって、アーティストやそのCDを世に送り出すレーベルという会社があり、その最高峰と言われているレスターノートンというレーベルがあるようですね( ゚Д゚) ジャンルは若干違えど、かの有名なavex(エイベックス)みたいなところだと思って頂ければ。 kyokaさんは幼少期からピアノや三味線、フルートやボイストレーニングなど、音楽に携わるもののレッスンを数多く受け、その過程で録音機器に興味を持ち、機材を分解してみたり、自分で簡単な楽曲を作って遊んでみたりと電子音楽の世界にはまっていったそうです。 raster-notonはドイツのレーベルで、2007年にkyokaさんはドイツのラジオ曲のサポートを受けながら即興ライブなどをスタート。 それと同時に作曲家としての道がスタートしたそうです。 このオルビス【ディフェンセラ】のCM楽曲だけでなく、過去にはABCマートやApple、ホンダなど、有名企業とタッグを組んだ経歴もあるそうです。ということは過去に使用されてCMの中にkyokaさんが手掛けた楽曲があるかもしれないですね(*´з`) またこのディフェンセラのCM楽曲には特に名前はないそうです。単なるCMへのイメージ効果音として作曲したようなので、タイトル自体がないようですね。 電子音楽という世界もkyokaさんというアーティストについても全然知らなかったですが、「こんな世界もあるのね!」と勉強になりました。 どうぞ、ご参考に♪

気になるオルビス【ディフェンセラ】ってどんなもの??

オルビス【ディフェンセラ】についてまとめてありますので、是非チェックしてみて下さい。 ⇒オルビス【ディフェンセラ】の効果とは?? ⇒ディフェンセラの成分・原材料 ⇒オルビス【ディフェンセラ】を使ってみた方の口コミ情報!